膣のゆるみと筋力の低下は関係している|治療はどこで行なうのか

このエントリーをはてなブックマークに追加

子宮脱の可能性がある

レディ

膣がゆるんでいると自分で気付くのは難しく、多くの人がパートナーからの指摘や尿漏れで意識し始めます。そんなゆるみの原因が出産や加齢、肥満や姿勢の悪さからくる筋力の低下なのです。膣の周りを支えている骨盤底筋群という筋肉がゆるむことで膣の締りも悪くなってしまうでしょう。気づかない程度のことだから放っておいても大丈夫なのではないかと感じる人も少なくありません。しかし、膣のゆるみをそのままにすることで健康に影響を出してしまうことがあるのです。膣のゆるみがひどくなった場合に考えられるのが子宮脱という症状です。この症状は、筋力の低下で子宮が下がり、膣がめくれているように飛び出してしまうというものです。子宮が下がってくることで、膀胱や直腸にも影響が出てしまうでしょう。そうすると排泄が上手くできなくなってしまうことがあります。また、性交時に痛みを感じてしまうことも考えられます。このような症状を避けるためにも、膣のゆるみを改善する方法を考えましょう。

膣のゆるみや女性のデリケートゾーンに関する悩みを解決してくれるのが婦人科形成です。婦人科整形では膣のゆるみを注入法やレーザー、高周波や切開手術で治療してくれるのです。自分の膣を引き締めたいというときは、それぞれの方法に関して情報を集めるといいでしょう。インターネットで無料相談を受け付けているという婦人科形成もあるので、それを活用して調べることもできます。症状が悪化してしまう前に行動することが大切です。