膣のゆるみと筋力の低下は関係している|治療はどこで行なうのか

このエントリーをはてなブックマークに追加

原因と頼れる場所

お尻を触る人

パートナーとの性交時にあまり感じられないという場合や、湯船から上がるときに膣から水が出るという場合に気になるのが膣のゆるみです。膣のゆるみはとてもデリケートな問題なのでなかなか人に話すことはできないでしょう。なぜ、膣がこのようにゆるんでしまうのかというと、骨盤底筋や腹筋といったお腹周りの筋肉が緩むことと関係しているのです。膣のゆるみは加齢や出産、肥満や悪い姿勢で引き起こされているのです。例えば、妊娠して長い間胎児やお腹を支えていた筋肉は、分娩によって引き伸ばされることがあるのです。そうやって引き伸びた筋肉が上手く収縮できずにゆるんだままになり膣のゆるみを引き起こしてしまいます。また、加齢で筋力が低下して締りが悪くなることもあります。肥満の場合も骨盤底筋やお腹周りの筋肉が弱くなってしまうでしょう。姿勢が悪い場合も特定の部分の筋肉が使われず弱ってしまう可能性があります。いろいろな原因で弱くなったお腹周りの筋肉が影響してゆるみになって現れるのです。膣のゆるみを気にしている人は日頃から予防や対策として筋力トレーニングを行なうといいでしょう。トレーニングでなかなか改善されないという場合や膣の締りが悪くてすぐどうにかしたいという場合は婦人科形成クリニックに相談することができます。婦人科形成クリニックは、女性のデリケートゾーンに関する悩みを解消してくれる医療機関です。最初のカウンセリングが無料で行なえるという婦人科形成クリニックもあるので探してみるといいでしょう。

子宮脱の可能性がある

レディ

膣の締りが悪いという場合、そのままにしておくと子宮脱になる可能性があります。健康に大きな影響を出してしまうのでゆるみを感じるときは早く婦人科形成に相談しましょう。

注入法で入れる成分

困る婦人

膣のゆるみを改善してくれる婦人科形成では、注入法が行なえます。注入法ではヒアルロン酸や自分の脂肪を用いて膣を狭めることができるのです。プライバシーに配慮してくれる婦人科形成を選んで通いましょう。

高周波で治す方法

水着のレディ

膣のゆるみを治すために婦人科形成では高周波で治療をすることがあります。レーザーでの方法と比べて費用が安く、短時間で治療できるのが高周波治療の特徴でしょう。一度で長い間効果が続きます。